■Keisuke nakano ブランド終了のお知らせ

1月 2nd, 2014
|

突然のご報告になってしまいますが
私のブランド「keisuke nakano」は2014年3月一杯を持ちまして終了する事を決めました。
これからは実家のある北海道 滝川市で家業でもある農業を継ぎその道を歩もうと思います。
今日まで本当に沢山の方々に支えられ、応援していただき感謝しております。

ありがとうございました。

2005年、友人と共にファッションブランドを立ち上げ約10年間、ただひたすらに「作りたい」という気持ちを貫き続け今日まで生きてこれたことを幸せに思います。
高校卒業後、北海道ドレスメーカー学院に入学し「この学校を1番で卒業します」と大口たたいたあの日から毎日がファッションでありモノ作り中心だった生活に一区切り付け、実家で農業をするという決断をした事に誰よりも自分が驚いています。
辞めると決めたのにそれを絶対口にしてはいけない自分のルールを壊すのに本当に苦労し葛藤が続きました。
頭で分かっているのに心が全然認めてない(苦笑)。自分を納得させるだけなのに、それが一番辛かったです。

思い立ったのは昨年2013年の5月頃。
両親が今でも新しいことに挑戦し続けている姿をみた事が大きいと思います。彼らがファッションの道を志す事を認めてくれたから今ここに居る事が出来ているし
その一番尊敬し感謝すべき両親が作ってきている環境がたまらなくいいんです。実家だから居心地がいいのは当然なのですが、感覚でこれは守って繋げていきたいと瞬間的に思いました。

と、同時期に偶然目にした雑誌の書籍紹介で須藤元気著作の「やりたい事をすべてやる方法」を目にしたときに思いが固まりました。

農業やろう。って。

雑誌以外の本を買うのは本当に久しぶりで本質は本を読みたかったのではなくてタイトルを自分のものにしたかっただけだと思います。

「やりたい事を全部やる」。

正しくは「やりたい事をすべてやる方法」なのだけれど買って所有するのが目的だったので中身は半分も読んでいません。。でもこれも一つのきっかけになった事は鮮明に覚えています。

あとは自分の年齢や結婚、本人でも意識していない心の中の想いが少しずつ溜まっていき決断を後押ししていたのだと少し思います。

今では新天地での目標も出てきて、今後始まる滝川での生活も楽しみになってきています。

小学校の卒業文集で書いた農業をやるという夢がようやく叶いそうです。

ファッションに未練は無く、ここ数年はモノづくりに対する自分の夢は叶っていると感じていました。

作りたいものを作れて、アトリエSHOPがあって、自分の作ったモノやこの空間を求めてくれるファンが集まってくれている今が自分の夢のカタチだったと思います。
そしてそれを続けるという事。
お金の事や上手に売る戦略、雇用形態なんてあまり興味が無かったから、よりそう感じています。

だからプロになりきれないと言われてきましたが、まだまだ生意気な私はそれがプロならなりたいと思いません!とこじつけます。

フィールドの大きさじゃなくて心の豊かさだ!と。なんだか辞める奴の最後の負け惜しみにも聞こえてきましたね。。

ともかく、そう考えるとこれからも自分の為にミシンは踏み続けるのだと思います。

「農業しながら服作ればいい」と回りの人は言ってくれますが、それはしないと思います。
いまいちピン!と、こないのです。今は。

何より農業1年生は畑仕事をしっかり出来てからじゃなくては駄目かなと。

自分の持っている技術と組み合わせ新しい「keisuke nakano」になるのはもう少し先になりそうです。

残りの3ヶ月間は「やりたい事を全部やる」精神で過ごすのが最後の目標になりそうです。

とは言え通常営業でROCKER AND HOOKERはやっていますのでこれまでと変わらず遊びに来て頂けると幸いです。

私の作品の販売やオーダーも終了となるのは勿論なのですが一番依頼の多いお直しも3月までの受付で終了となります。こればっかりは私の出来る仕事として自信を持って提供していたサービスなので今後のフォローが出来ないのは申し訳ない気持ちになります。
なので!ご来店お待ちしております(笑)。

最後に3月末に私個人の作品展を予定しています。

新作も登場しますし、これまでの作品や資料の展示を予定しています。
デザイナーとしてご挨拶できる最後の機会になりますので冷やかしついでに遊び来て頂ければと思います。

活字で長々と書かせていただきましたが大した事ありません。
人間辞めるわけではありませんのでね。

今後とも宜しくお願い致します。今後とも。

2014年1月2日

 中野恵介